Top > 走破演習:アムドゥスキア

走破演習:アムドゥスキア
HTML ConvertTime 0.111 sec.

浮遊大陸.jpg火山洞窟.jpg

本任務は、実践演習の一環である。
目標到達までの任務時間を競い合うことでより一層の精進を期待する。
惑星アムドゥスキアの浮遊大陸から火山洞窟を抜け目標対象の討伐時間を競う。
同時に、各員の共闘能力も測るため本任務はパーティーを組んでの受注を推奨とする。


2012年9月26日実装。
「惑星アムドゥスキア」を舞台にしたタイムアタッククエスト。

解放条件

ノーマル地下坑道探索」のクリアまたは走破演習:ウォパル
走破演習:東京
いずれかのクリア
ハード上記に加えて「難易度制限解放試練・Ⅰ」のクリア
ベリーハード上記に加えて「難易度制限解放試練・Ⅱのクリア
スーパーハード上記に加えて「スーパーハード受注許可証」の所持

詳細

クエストタイプタイムアタッククエスト
クエスト目標最深部を目指せ!
シングル/マルチシングルパーティークエスト
階層1階層 / 浮遊大陸 [シングルパーティーエリア]
2階層 / 火山洞窟 [シングルパーティーエリア]
3階層 / 火山洞窟 [シングルパーティーエリア]
プレイ時間の目安普通.png
クリア条件40分以内にクリアでS評価
失敗条件メンバーの誰かが死亡後にリタイアを選択する
ノーマルハードベリーハードスーパーハード
受注条件(Lv.)なし304050
エネミーレベル20404863
報酬メセタ1,0402,2502,9503,400
報酬経験値0000
クリア時間1000pt
MAXスコア1000pt

概要

  • 敵を倒しながら進むのは相変わらず、ただし妙に面倒で手間がかかる仕掛けが多い
    • 全エリア共通で道中の龍族を倒してしまうと後に障壁Eトライアルが発生する
    • アスレチックを登りスイッチを踏み、ショートカットを開けるためのカタパルトを出す
    • 卍型通路の先っぽにいる敵を全て倒す(人数に関係無いのでソロの場合1人で4箇所すべて)など

攻略

龍族とダーカーが戦うアムドゥスキアのコースを走破し、タイムを狙う。
基本的には龍族を助けつつダーカーを倒すクエスト
(龍族を助けつつダーカーを倒すという点ではストーリークエストEP1-10「最後のさよなら」に近い)。
龍族を倒さなければならないのはエリア3のみであるが、身も蓋もない言い方をするなら、現行の(新世武器以後の)火力であれば
進行に必要なギミック以外は無視して龍族もダーカーも殲滅したほうが早い・大差ない場合もある。


飛行型ダーカー(エル・アーダやブリアーダ)は地上型(ガ(グ)ウォンダ)よりも攻撃頻度が低いため、龍族を守るつもりなら先に地上型ダーカーを仕留めると容易に防衛可能。
撃破優先順位の目安はガ(グ)ウォンダ>カルターゴ>ダガン系、ミクダ系、クラーダ、ダガッチャ系(飛行型だが危険度は地上小型3種と同等か若干高め)>エル・アーダ>ブリアーダ。
また、優先順位の低いダーカーでも先に数発殴ってターゲットを龍族からプレイヤーへと移しておけば、龍族への攻撃をやめてこちらを狙ってくるのでより確実に防衛を行える。
最大の問題は、ダーカーを攻撃している最中に射線に龍族が飛び出してきて一緒に殲滅してしまうこと。
「クリアできない! バグか?」と思ったら冷静に手順を指差し確認しよう。





浮遊大陸エリア1

ta_am1_map1.jpg

基本的には一本道でダーカーを倒すことでフェンスが解放され、先へ進める。

  • E5スタート、西に進む。
     ギミック
  • B2に石柱があり、ダーカーを倒して石柱上のスイッチを踏む。
    スイッチを踏むとゲージが表示され、このゲージをタイムリミットとしてもう片方のスイッチを踏むことで
    フェンスが開放されると同時にカタパルトが出現する。
    ここの足場はネクストジャンプを習得していないと非常に登りにくい。
    B1のスイッチを押すと、ゲージの減少が止まる。
     ギミック

石柱.jpg 石柱スイッチ.jpg
カタパルト.jpg スイッチ.jpg


  • C1、D3、F2では床落ちEトライアルが発生する。
     床落ちEトライアルについて
  • F1から次のエリアへ。

  • ソロ攻略手順
    • E5スタート
    • 目の前に沸くE4のエネミーを殲滅、D4へ
    • D4の敵を殲滅
    • 龍族と交戦中のダーカーを殲滅。以後同様の場面では一体でも龍族が倒されると後で手間が増えるが、一体倒れてしまったら皆殺しにしても同じ&ソロなら追加敵も少ないので一掃するのも手。
    • B2でエネミーを殲滅、高台にある二つのスイッチを踏む。このときジャンプ→ステップを使うと渡り易い。スイッチ間は移動PAによってショートカットできる。(ギルティブレイク、グレンテッセン、グリムバラージュ、グランウェイブ、イルゾンデetc)
    • スイッチを踏むと、エネミーがいたあたりの東側にカタパルトが出る。これを踏む前に一度B1に行き、西側にあるスイッチを入れ高台スイッチの時間ゲージ減少を止め、東側のカタパルト使いA2へ
    • A2で敵を殲滅、北側に出るカタパルトでB2へ
    • 飛んだ先にあるスイッチを押してカタパルトでA2、B2と戻る。このスイッチにより三箇所ある隔離Eトラの前半二つと、E3付近のエネミーラッシュをスルーできるカタパルトが起動する
    • エネミーを無視してC1のカタパルトでD1へ行き、D1でエネミーを沸かせたらC1へ戻り床EトラをクリアしてD1に戻ると沸かせた敵が撤退する
    • エネミーを殲滅しつつD3へ
    • D3のカタパルト経由でF3へ
    • 龍族と交戦中のダーカーを殲滅。
    • F2の隔離Eトラを攻略しF1から次のエリアへ

火山洞窟エリア2

ta_am1_map2.jpg

  • スタート地点のB2は卍状のマップで、それぞれ4重のフェンスがあり、
    各A2、C2、B1、B3のダーカーを倒し障壁を解除して4つのスイッチを押すことで
    フェンスを解除しワープに入ることができる。龍族を倒すと後の手間が増える。

  • 北側(A1とC1)のワープは北側(C4)に、南側(A3とC3)のワープは南側(C6)に飛ぶ。
    H5まではスイッチで解除するフェンスや、壁に設置されたスイッチで解除できる障壁がある。
    壁スイッチ.jpg
  • H5からF3へ。キャタドランとグワナーダが戦闘しているが、無視して目の前F2のテレポーターからE2へ。
  • D1-E2の大部屋でダーカーを倒し、F2-G3の大部屋へ。
    グワナーダを倒すことで先へ進む事が可能。キャタドランを倒すと後で手間が増える。
    ただしキャタドランは難易度1つ分程度レベルが低く(ノーマルLv5、ハードLv25、ベリーハードLv33)
    体力が低いうえクリア評価に影響しないので、無理にキャタドランを生かしつつ避けながらグワナーダを倒すより
    一緒に片付けて追加のフォードランを処理するほうが早い場合は気にせず倒してしまってかまわない。
  • H3から次のエリアへ。
  • ソロ攻略手順
    • B2スタート
    • A2で龍族と交戦中のダーカーを殲滅。開いた壁の向こうのフェンス前のスイッチを踏み、B2経由でC2へ
    • C2で龍族と交戦中のダーカーを殲滅。開いた壁の向こうのフェンス前のスイッチを踏み、B2経由でB1へ
    • B1で龍族と交戦中のダーカーを殲滅。開いた壁の向こうのフェンス前のスイッチを踏み、B2経由でB3へ
    • B3で龍族と交戦中のダーカーを殲滅。開いた壁の向こうのフェンス前のスイッチを踏み、解除されたフェンスの向こうのテレポーターへ
      龍族を生存させたい場合、ガウォンダ(グウォンダ?)のいる東西(A2、C2)のダーカーを先に片付けたほうが防衛成功率が高い(北南のダーカーは東西に比べて攻撃頻度が低いため。さらに言えばC2の龍族は基本的に逃げ回ってレスタで自己回復するためA2を優先すると良い)。
      ただしこの卍部分ではダーカーのターゲットをこちらへ移しても残り3方向の場所までは遠すぎて追ってきてくれないため、トレインせずにその場で倒していく必要がある。
    • C4かC6に出るので、スイッチを踏む、撃つなどしながらH5のテレポーターへ
    • 出た先でグワナーダとキャタドランが戦い始めるが無視して目の前のテレポーターへ
    • 出た先でダーカーを殲滅。ここでも龍族の生存にこだわるならヘイト操作&地上型優先撃破で動くと吉。開放される東側の壁の向こうで戦うグワナーダとキャタドランのもとへ
    • グワナーダを倒す。キャタドランを倒すと後で手間が増えるが、ソロでは大した障害にならないため一掃してしまうのも手
    • H3から次のエリアへ

火山洞窟エリア3

ta_am1_map3.jpg

直線状の道中はエリア1、エリア2の龍族消失数に応じ、龍族撃破の壁Eトライアルが発生する。
具体的には、龍族が出現する各場所で1体でも龍族が倒されていると、その場所に応じた各障壁でEトライアルが発生するようになる。
龍族の消失は、ダーカーにより倒された分も含まれる。
1体でも倒されてしまえばその区画ではあと何体倒されても同じなので、守りきれなかったときは構わず一掃してしまおう。
龍族の逃走開始後は倒しても問題ない。


エリア1・B3付近大部屋:A7の障壁でディーニアン討伐発生(ソロ時3体)
エリア1・F3付近:A6の障壁でソル・ディーニアン討伐発生(ソロ時2体)
エリア2・卍マップ各所:A5の障壁でシル・ディーニアン討伐発生(ソロ時3体)
エリア2・E2付近大部屋:A4の障壁でノーディラン討伐発生(ソロ時2体)
エリア2・キャタドラン:A3の障壁でフォードラン討伐発生(ソロ時1体)


最深部では、グウォンダとダガッチャと同時に侵食ヴォル・ドラゴンが出現する。
ヴォル・ドラゴンを倒すことでクリアとなる。
侵食段階はランダムで、非常に稀だが3段階侵食が出ることもある。
取り巻きが居るが、片付けるには多すぎるため無視してヴォル・ドラゴンに専念したほうが早い。
(倒してもいいが、湧き場所が10箇所ほどある上、湧き場所1箇所につき6~7回湧く。)
戦闘エリア入口(障壁)付近におびき寄せると敵の湧き場所と離れるため専念しやすい。
ヴォル・ドラゴンへの攻撃の際は侵食コアを狙うと最も高いダメージが入る。
Fo系、Ra系のみなら直接コアをロックオンして一点集中攻撃、Hu系も尻尾を壊して動きを止めてからコアを狙うと早く終わる。
ちなみに一人で行った場合、取り巻きはダーカーのみになり龍族は出現しない。




エネミー

ダーカー

※頻繁に出ないガウォンダとグウォンダが多く沸くクエストでもある


龍族


コメント

Show recent 10 comments. Go to the comment page. 画像を非表示

  • ここの床飛びで性格出るよね。やり方知らないのか一人だけ飛び越せなかったときに自分しか手伝ってなくてなんだかなあってなった。 -- 2016-09-25 (日) 22:39:10
    • 先に行って道を拓いておく!っていう仲間想いもアリなんじゃないかな -- 2016-12-22 (木) 20:32:59
  • スペースキー押しているのに走ったまま下に一直線に落ちていくんだけど -- 2016-10-15 (土) 14:27:26
  • エリア1のB2のスイッチに岩場からジャンプシャプボマ零を二回撃つと登れる(落ちる床も回避可能、万能すぎるこのPA -- 2016-11-17 (木) 01:38:51
  • アスレチックスイッチ、片方のスイッチを踏んでから、チャージイルゾンデ、グリムパラージュ、レーゲンシュラークで、反対側のスイッチに丁度着地します。グリムは行き過ぎる可能性あり、端から。既出だったらゴメンナサイ -- 2016-11-19 (土) 01:05:41
  • ついでに、F3の高台になってる場所からジャンプし、高度を落とさなければF2を通過できます。レーゲンで5回必要なので、結構なPPがいる事に注意。 -- 2016-11-19 (土) 01:25:35
    • あれすぐ前のちっちゃな出っ張りみたいになってる岩から、ジャンプ頂点サペレーゲンレーゲンで対岸やで -- 2016-11-19 (土) 02:18:58
      • あの高さ+サペでいけるのか…なるほどありがとうございます -- 2016-11-19 (土) 18:07:25
  • アスレチックスイッチのとこ、グリム→エリアル→バレットで直接壁の大穴を抜けられませんでしたっけ…?PS不足なだけですかね??? -- 2016-11-20 (日) 00:28:28
    • スイッチ押さないと見えない壁が消えない。今はスイッチ押してからJB使って飛び越えるのがいい -- 2016-12-16 (金) 10:59:45
  • エリア1のところを見やすく項目分け、あと床落ちEトラのところが少し古かったので更新 -- 2017-02-20 (月) 23:53:24
  • エリア2のE4に進む方法は無いのかな? -- 2017-04-01 (土) 20:28:47
  • エリア2の卍でカタルーゴが障壁の中に居て進行不能になった・・・ -- 2017-05-28 (日) 16:55:32
    • 同じく、よりにもよってカタルーゴってのに悪意を感じるわ… -- 2017-11-08 (水) 19:22:41
  • 汎用新スキルのネクストジャンプでエリア1のイライラ柱がすんげえ楽になった -- 2018-08-30 (木) 03:21:13
  • バグ報告・愚痴を書き込むのその前に
    エリア1・B2のスイッチに上るための足場は、プレイヤーキャラの移動速度向上修正以前の移動特性にあわせて配置されているため2015年現在の移動特性では非常に登りにくくなっている
    普通に移動制御で登ることももちろん可能だが、ジェットブーツを用意し空中で連続ステップや空中テクニックチャージによる滞空を利用するなど、何らかの対策を講じておいた方が楽に登ることができるので各々都合の良い方法を確認しておくこと。

なお愚痴は何の益もないので愚痴掲示板で。ここには書き込まないこと。