Top > 初心者講座

【sWIKI】からのお知らせ【重要】
「https:」での通信が可能となりました。プレイステーション4の一部で表示されない場合が御座います。こちらを御覧下さい。
初心者講座
HTML ConvertTime 0.597 sec.

初心者のためのページです。
ここを読んで分からないことがあれば公式サイトのオンラインマニュアルよくあるご質問、または当Wikiのよくある質問やサイト内検索(各ページの右上にあります)等を利用して調べてみましょう。それでも解決しないものがあれば質問掲示板へ。
より高度な内容に関しては小技集も参照してみて下さい。


Episode5対応のために鋭意更新中。編集技術をお持ちの方はご協力頂けると幸いです
編集方法がわからないけど載せた方が良いと思うものがあればコメント欄にお願いします。
ただし、あくまでWikiなので特定のプレイスタイルや遊び方を強要しないようにお願いします。

目次

最初の流れ

ビギナーズガイド (公式サイト)も参照。


PC版

  1. クライアントの容量が非常に大きいので先にダウンロードおよびインストール作業をする
  2. SEGA IDを取得する
  3. 1と2が完了したらPSO2を起動する
  4. 「SEGA IDでログイン」を選択
  5. 「シップ(サーバー)」を選択
  6. SEGA IDでログインする
  7. 「プレイヤーIDネーム」の設定する
  8. キャラクター名の設定とキャラクタークリエイトをする
  9. 登録完了

PS4版 / PS Vita版

  1. プレイするPSN IDに間違いないかチェックしてPSNにログインする
  2. 容量が大きいので寝る前などにダウンロードリストにPSO2を追加しておく
  3. インストールが終わったらPSO2を起動する
  4. 「オンラインログイン」を選択
  5. 「シップ(サーバー)」を選択
  6. SEGA IDを取得する(取得済みの場合はそのまま次へ)
  7. SEGA IDでログインする
  8. 「プレイヤーIDネーム」の設定する
  9. キャラクター名の設定とキャラクタークリエイトをする
  10. 登録完了

既にプレイ済みのSEGA IDとの連携だけを行うだけであれば手順7.でメール認証が必要になる。認証が終わればそのままキャラクター選択画面に移行して完了。


クラウド版
情報求む


ハンゲーム版

  • 登録手順はPC版とほぼ同じですが、使用するアカウントはSEGA IDではなくハンゲームIDです。
    • アカウントの管理元がセガゲームスではなくハンゲームになるため一部キャンペーンと、他社サービスとの連携ができません。(OTPキャンペーン、PSO2esとの連動、PSN IDとの連携、ニンテンドーアカウントとの連携、ネットカフェブースト効果など)。
    • ハンゲーム版でのプレイはメリット皆無デメリット盛りだくさんと良いところが何1つありませんので、SEGA IDでのプレイを強く推奨します。

注意点

  • シップ(サーバー)
    • キャラクターはシップ単位で作成します。友人や知人などと一緒でプレイする事を考えているのであれば確認しておきましょう。
      • シップ移動機能を利用する事で、所属をシップを変更することはできますが有料です(700AC)。
    • 3キャラ目までは無料、4~20キャラ目は有料です(500AC)。
      • PSO2での有料枠のキャラクター作成は、作成枠拡張ではなく作成権です。4キャラ目以降はキャラクターを削除した後にキャラクターを作成しようとすると500ACがまた掛かります。
  • 「プレイヤーIDネーム」
    • 他のプレイヤーと同じ名前にすることはできません(重複不可)。500万IDを超えている事もあるので思いついた名前が全く取れない…という事態は覚悟しておきましょう。
    • プレイヤーIDネームを変更する事は可能ですが有料です(3,000AC)。また一度変更すると30日間(変更した時点から720時間後まで)変更できません。
    • プレイヤーIDネーム変更により使われなくなった名前についても使用できません。例えば「ワンダ」という人が「ジンガ」に変更した場合、他のプレイヤーも元々「ワンダ」という名前を使っていた人も使用する事ができなくなります。
  • 「キャラクター名」
    • プレイヤーIDネームとは違いこちらは重複可能。キャラクター名の変更は1,500AC掛かります。

ここでのQ&A
Q. キャラクター作成権とシップ移動の料金高くない?
A. 他のオンラインゲームだとキャラクター作成枠拡張は2000円~4000円で設定されている事が多いです。サーバー変更はそもそも用意されていない事が多いので安すぎるぐらい。


Q. プレイヤーIDネームとキャラクター名の違いは?
A. プレイヤーIDネームは特定の個人を指すニックネーム、キャラクター名はニックネームのニックネームです。


Q. ネタに走ったプレイヤー名を設定しても大丈夫?
A. 滑る名前でも自分が良ければ問題ありません。ただし規約に書かれている設定してはいけない名前にすると、アカウント停止か強制的に名前が変更されるのでご注意を。

キャラクタークリエイト

キャラクタークリエイトのページも参照。
ゲームをプレイする上でずっと付き合う事になるキャラクターなので後悔のないように作成しましょう。
作成後、エステショップで変更が効く項目もありますが、AC等を使ったとしてもやり直しが出来ない項目もありますので注意が必要です。

  • 取り返しがつかない要素として種族と性別は後から変更できません。どうしても変更したい場合はキャラを作り直すしかありません。
    • 種族と性別は見た目の差が大きな要素です。また、能力値も最大で15%程度差があります(種族比較も参考)。
      • 能力値については装備品などで概ね差は埋められるので、よほどのこだわりがなければ誤差の範囲と考えて構いません。
  • キャラクターは3キャラまでなら無料で作れます。それ以上キャラクターを作りたい場合は作成の度に500AC必要です。
  • キャラクター名は変更可能ですが、1,500AC必要です。また1度変更すると30日は変更出来ません。
  • 顔の輪郭、体型など、体そのものに関する項目の変更には、100SGで購入出来る「エステ利用パスS」か、ログインスタンプ等で配布される「エステ無料パス」が必要です。
    • 身体の大きさによる当たり判定などの違いはありませんが、一部攻撃の使い勝手に影響が出る場合があります(詳しくはこちら)。
    • エステ無料パスは毎日ログインする場合、一か月に1つ以上手に入りますし、その他キャンペーンでも度々配布されるので、課金せずとも十分入手できます。
  • 髪型、コスチューム、アクセサリー、ボイスなどの項目は、後からいつでもエステにて無料で変更可能です。
    • ただし、髪色についてはエステ無料(利用)パスが必要です。キャストの場合はカラーチェンジパスが必要です。
  • クラスはクラスカウンターでいつでも変更可能です。

最初は何をすれば良いの?

  • アークスロードの受注・達成
    アークスシップ(ロビー)に到着すると、自動的にアークスロードが開始されます。
    • ゲーム内でよく使うシステムの解説や使い方などを順番に説明してくれます。終わるころには、多くのシステムに触れられているはずです。
    • アークスロードは無視してもゲームの進行には影響はありません。
      初級授業『マグ』の「マグブリーダーをめざせ!」達成中級授業『サポートパートナー』のサポートパートナー作成など、よく知らずに進めてしまうと後のリセットが困難なものもあるので注意!
  • クライアントオーダーの受注・報告(エリア開放)
    基本的にはコフィーのオーダーをクリア⇔出現した新たなクエストをクリア……を繰り返すことで、行ける地域が増えます。
    併せて、アフィンジャンのオーダーもこなしていくと各種機能を覚えることができ便利です。
    • オーダーを報告すると経験値ももらえるので、これを順番にクリアしていくだけでもレベルは徐々に上がっていきます。
    • 受注できるオーダーが増えると通信が入ることがあります。慣れない内はしっかりメッセージを聞いておきましょう。
  • ストーリー攻略
    EP4では艦橋エリアにいるNPCシエラに会う事でストーリー進行に必要なイベントアイテム「ストーリーボード」を入手できます。
    ストーリーボードからピースを選択してイベントを閲覧することでEP4のストーリーが展開されていきます。

    EP5は、EP4のストーリーをある程度進めると選べるようになります。
    しかし最初のうちは任意のバスタークエストがあるあたりで詰まってしまいがちになるので、Lv20くらいになるまでは後回しでもいいかも知れません。
    救世の存在」(バスタークエストのチュートリアル)をクリアして、サブストーリーでユニット「ウェポンズバリア」を入手したあたりで止めておくといいでしょう。
  • 慣れてきたら
    コミュニケーションのための準備もしましょう
    • ショートカット、オートワードに挨拶などを登録してみましょう(登録の方法はチャット・オートワードを参照)。
    • アークスカードを編集してみましょう。キャラクターメニューやアークスサーチから他人が見ることができ、自己PRなどになります。

よくある質問

こちらにあったQ&Aの大半は専用ページ「よくある質問」に移項しました。
後述の戦闘やパーティに関するQ&Aもあるので、ゲームの進行に合わせて、分からない事があれば随時目を通しておいて下さい。

無課金でも遊べますか?

充分に遊べます。
PSO2の運営方針であるプレイ料金ポリシーに記載の通り、課金をすることで強力な武器が手に入ることは一切ありません。
もちろん課金しているプレイヤーに比べ「若干の不便」はありますが、無料で遊び通すことも可能になっています。

 詳細(クリックして展開)

戦闘編

操作タイプ

2016年4月20日のアップデートからPC/PS4版のPSO2では「3ボタンタイプ」が選べるようになりました(PS Vita版はボタン数の都合により非対応)。
それぞれに利点・欠点があるため一概にどちらが良いとは言えませんが、総合的には3ボタンタイプ操作のほうが自由に動ける武器種が多くなります。

  • 2ボタンタイプの特徴
    • 「通常攻撃」、「PA/テクニック」、「武器アクション」の3種類のボタンで構成されており操作がシンプル
    • 一つのボタンで最大3種類のPAを順に繰り出すことができる
    • 攻撃段数とPAのセット順がリンクしているため、呼び出し(攻撃段数を調整して出したいPAが出せる状態にする)操作が必要になる場合がある

  • 3ボタンタイプの特徴
    • 三つの「フリーパレット」と「裏パレット切り替え」の2種類のボタンで構成されており、カスタマイズ性が高い
      • 裏パレットを含め六つのフリーパレットに「通常攻撃」「PA/テクニック」「武器アクション」を自由に割り振ることができる
    • 複数のボタンに別個のPAをセットできるので、特定のPAを連射したり、セット順番に関係なくPA組み合わせた攻撃を楽に展開できる
    • 2ボタンタイプに比べ必要なボタンがひとつ増える
      • 操作が複雑になるほか、特にゲームパッド使用環境でボタンレイアウトが難しくなる場合がある
    • 現在、A.I.S搭乗時やチャレンジクエスト序盤のような「パレットがプリセットされる状況」でのパレット構成を設定しておく方法がないため、普段の操作と大きく異なる配置になってしまう場合がある

  • それぞれの操作の詳細
    2ボタン.png 2ボタンb.png 3ボタン.png
    • 画像左:2ボタンタイプA
      • 通常攻撃ボタンとPA(フォトンアーツ)ボタンの2ボタン+武器アクションで操作する。主に格闘武器がこのタイプにされる
        連続攻撃を行う際、右3個のパレットに設定した順番で発動できるPAが切り替わるという、いわゆる「コンボパレット方式」
      • PAは一番左に設定したものから順に切り替わる。通常攻撃も1コンボとして扱われPAボタンの順番が進む。
      • 3連続攻撃を行いコンボが一周する、連続攻撃が途切れる、武器アクションの使用、ステップアタックなどでコンボは最初に戻る
    • 画像中央:2ボタンタイプB
      • 通常攻撃またはPA・テクニックの2ボタンを左右2パレットに設定し、切り替えながら操作する。主に射撃武器・法撃武器・ペット使役がこのタイプにされる
        武器アクション(後述:ガード等)ボタンがパレット切り替えボタンとなり表(左)パレット2ボタンと裏(右)パレット2ボタンを扱う、いわゆる「裏パレット方式」
      • 基本的に表パレット左のボタンは通常攻撃で固定される(一部の法撃武器では通常攻撃を外しテクニックを設定可能)
    • 画像右:3ボタンタイプ
      • 通常攻撃・PA・テクニック・武器アクションを表(左)パレット3個と裏(右)パレット3個に設定し、裏パレット切り替えボタンで切り替えながら操作する
        基本的には2ボタンタイプBと同じ操作方式だが3ボタン設定でき、2ボタンとの最大の差異として武器の種別に関わらず「裏パレット方式」として扱える。
      • 2ボタンタイプと違い、武器アクション・通常攻撃のボタンが固定されていない。使用するにはPAやテクニック同様に好きなパレットに設定する必要がある
        キーボードなどでは武器アクションを別のキーに設定することで枠の圧迫をさらに軽減することが出来る。
      • 3ボタン+裏パレット切り替えボタンの設定がいる為、必要なボタン数は2ボタンタイプよりも1つ多くなる。

3ボタンタイプは特に2ボタンタイプAに該当する武器への恩恵が大きく、より直感的に攻撃を選択して行えるようになっています。
また、武器パレット1つあたりのフォトンアーツ登録数が2ボタンタイプよりも多くなるので、必要な武器パレット数を少なくできます。
ボタン(もしくはキー)の割り当てはメインメニュー→オプション→操作設定→ゲームパッド操作/マウス操作/キーボード操作からそれぞれ設定変更ができますので
自分のやりやすい配置を設定してみましょう。
また、操作設定は2ボタンと3ボタンで独立して保存されている為、合わない場合は元の設定ですぐにプレイが可能となっています。

ジャストアタックによる強攻撃

連続で攻撃をする際にタイミング良く攻撃ボタンを押すと、キャラクターが光って音が鳴り、攻撃の威力が上がります。
通常攻撃はもちろん、すべてのフォトンアーツとテクニック、および一部武器の特殊アクションで使うことができます。


タイミングを計るための目安となるものが「JAサークル」です。
攻撃をした後や武器アクションを使った後など、様々なタイミングで青白いサークルが出現します。
これが一番小さくなって赤くなった瞬間に合わせて次の攻撃を行うことでジャストアタックが成功します。
攻撃ボタンを押しっぱなしの自動連撃ではジャストアタックにはならないので、実際にプレイをしつつ慣れていきましょう。


打撃武器では「ステップアタック → フォトンアーツのジャストアタック」の手順を踏むと1発目のフォトンアーツから、
法撃武器では「通常攻撃 → テクニックのジャストアタック」の手順を踏むと1発目のテクニックからジャストアタックにすることができます。


【参考動画】

↑10秒まではボタン押しっぱなしの連続攻撃。それ以降はタイミングを合わせた攻撃です。


ロックオン

通常の状態で、敵を前面にするとロックオンマークが表示されます。


【参考動画】

↑動画時間モード操作
キーボード
操作
パッド
解説
0~17秒自動ロックオン「Z」キー(切替)正面に敵を捕らえるとマークし、一時的に攻撃が対象に向きやすくなります。
一部の攻撃テクニックは自動ロックオン対象に向けて飛んでいったり、
自動ロックオンされたエネミーを中心に攻撃範囲が発生します。
俗称例:「ターゲット」状態
18秒~37秒ホールドロックオン「Tab」キー
「Q」キーで解除
ロックした敵を常に画面の中心に捉える視点となります。
優先的に倒したい敵がいる場合や、特定の部位を狙いたい場合におすすめ。
あくまでロックした場所を画面の中心に捉えるように追いかけるだけなので、
動きのはやい敵にPAやテクニックが当たらない事もあります。
また、ターゲットした場所を中心に画面が固定されて、移動操作も制限されてしまうので、
周りが見えなくなったり、回避行動が難しくなったりします。

「Tab」キーを押すごとに対象切り替え。
俗称例:「ロック」「ロックオン」状態
38秒~最後肩越し視点(TPS)モード「Z」キー(切替)視点カメラがキャラのすぐ後ろで固定され、敵を追跡しなくなる代わりに
上下左右を自由に見回せるようになります。
ホールドロックオンできない部位の破壊や、ヘッドショットを狙う場合、
法撃職の場合はテクニックで長距離の敵を攻撃する場合や、
誘導性能や弾速が低い一部のPAやテクニックや射撃武器等で、
動きのはやい敵の移動先を見越して射撃(偏差射撃)する場合や、
タリスを任意の位置に投げる際におすすめ。
一部の攻撃はこれを使わないと上下の微調整が効きません。
視点と武器(銃口やテクニックを発射する部位)の射線が交差する場所に照準マークがある関係上、
視線と弾道の交差点より近距離だと画面左側に、交差点より遠距離だと右側に弾がズレて飛んでいきます。
俗称例:「肩越し」「TPS(Third Person shooter、三人称視点)」

※初期設定時の「キーボード」「ゲームパッド」の選択肢でどちらを選んだかで、ロックオンのホールド方法が異なります。
キーボードを選択した場合は、1回ボタンを押すとロックオンし、もう1回押すとロックオンが解除されます。
ゲームパッドを選択した場合は、ボタンを押し続けている間ロックオンします。
この設定はゲーム内オプションからいつでも変更することができます。よく分からなければ「初期化」を押す事で再度キーボードかゲームパッドか選択肢が表示されます。

回避行動

同じ方向キーを2度素早く押すかキーボードの場合はXキー、パッドならステップに割り当てたボタンを押すと、その時装備している武器に応じた回避行動をとります。


回避アクションは武器の種類によってあらかじめ決まっており、武器によって回避アクションの種類が異なります。

武器種別回避アクション
すべての打撃武器(バウンサー武器除く)
バレットボウ ガンスラッシュ
ウォンド(ウォンドラバーズ発動中)
すべてのヒーロー武器
ステップ
デュアルブレード ジェットブーツミラージュステップ
ランチャー アサルトライフル
ツインマシンガン
ダイブロール
ロッド ウォンド(通常時) タリス タクトミラージュエスケープ

ミラージュエスケープ以外の回避アクションには発動した瞬間に0.1秒ほどの無敵状態(スキルによって延長できる場合があります)があり、敵の攻撃をすり抜けられます。
無敵時間中に接触した攻撃判定は、その時点で判定が消失するため無敵が切れた後も受けてしまう事はありません。
ただし持続性のある攻撃もあり、「複数回の攻撃判定が発生し、1回ダメージを受けるまで持続する攻撃」「複数回の攻撃判定が発生し、効果範囲内にいるとその都度ダメージを受ける攻撃」に対しては、回避アクションを行っても無敵時間が切れた瞬間にダメージを受けてしまいます。
ステップ・ダイブロール・ミラージュステップはそれぞれの武器の対応クラスにおいて、無敵時間を伸ばすスキルを修得できます。
ミラージュエスケープは回避行動中のほぼすべてが初期状態で無敵時間となっているため、無敵時間を伸ばすスキルはありません。


ステップとミラージュステップには、回避から流れるように攻撃できるスキル「ステップアタック」、
ダイブロールには回避動作からの素早い射撃を行えるようになるスキル「ダイブロールシュート」が存在します。
回避直後に攻撃を行うと、各武器固有のモーションで通常攻撃・射撃を隙無く繰り出します。


装備にもよりますが、このゲームでの敵の攻撃はどれも致命的で、ゲームが進み特定難易度に達すると、通常の場合で多くても3~4回食らっただけですぐ死んでしまうようになります。また、全てのボスは例外なく一撃で即死になり得る威力の攻撃を持っています
避ける際に無敵時間を利用して避けるだけでなく、敵の攻撃の射程外に避けるというのも一つの手です。
先述の持続性のある攻撃など単純な回避アクションで避けられないものについては特に「攻撃を覚えておいて適切な対処法を体得する」ことが重要になります。

また、ホールドロックオンしている状態では、回避行動にも著しい制限が発生してしまいます。
ロックオン中はロックしている対象を中心にして「前後(接近・後退)」と「左右への円運動」にしか回避できなくなる移動制限をうけるため、ロックオンしていると攻撃の射程外に逃げられなかったり、自分から敵の攻撃に飛び込んでしまうといった事故を引き起こすこともあります。
敵の攻撃を避ける事は戦闘不能にならないための最も重要な技術なので、必ずマスターしておきましょう。

エネミーの攻撃への対処手段について

アークスのアクションにはエネミーの攻撃に対する対処手段があります。
以下紹介する手段を使っていけば強力なボスエネミーとの戦いも楽になるでしょう。


ガードジャストガード

ソード・ワイヤードランス・パルチザン・カタナ装備時は武器アクションに設定したボタンを押すことでガードが可能です。
ガード中は正面からのエネミーの攻撃を武器で受け止め、被ダメージをいくらか軽減することが出来ます。
攻撃を受け止めたときにPPを20消費し若干後退します。PPが足りないとガードに失敗しそのままダメージを受けてしまいます。
ガード中はPPが回復しないので注意しましょう。


さらに、エネミーの攻撃を直撃寸前でタイミングよくガードすることで、ダメージ自体をゼロにすることができます。これをジャストガードといいます。
ジャストガードに成功するとガードのPP消費と後退がなくなり、自動でカウンター攻撃が行われます。(カウンターはモーションが短くダメージも低い)
ガード時とジャストガード時でSEが異なるので、成功か否かの目安にするとよいでしょう。
ガード時はゴスッというような重いSE、ジャストガード成功時はガンッ!(カタナ装備時のみチーン!)という鋭いSEが鳴ります。
掴み攻撃など一部はガード不可能で、極一部のダメージ(エネルギータンクの爆発など)はジャストガードもできないので注意してください。

 武器によるジャストガード性能の違い(クリックして展開)

②ガードポイント

一部攻撃系のアクションにはエネミーの攻撃を、盾の様なエフェクトをともなって無効化するタイミングがあります。
これらの攻撃無効化能力は通称ガードポイントと呼ばれ、一部のフォトンアーツにも設定されています。


 以下ガードポイントの設定されている武器とそのアクション(クリックして展開)

③無敵時間

一部のアクションにはモーション中に、エネミーの攻撃があたらない無敵時間が設定されています。
モーション中すべて無敵のものは少ないので過信しないようにしましょう。


 以下無敵時間が設定されているアクションと関連する武器(クリックして展開)

ジャストリバーサル

ダメージを受けてダウンすると起き上がるまでに長時間かかりますが、
ダウン後タイミングよくジャンプすると、通常のダウンよりも早く戦線復帰することができます。
これをジャストリバーサルといいます。
ブレイバーはスキル「Jリバーサルカバー」を取得しておくと、ジャストリバーサルに成功でHPがスキルレベルに応じて一定割合回復し、バウンサーはスキル「JリバーサルPPゲイン」を取得しておくとジャストリバーサルの成功でスキルレベルに応じてPPが一定割合回復します。
タイミングとしては吹き飛ばされて地面に着いた瞬間くらいです(倒れたのを確認してからでもある程度までは間に合いますが、見極めには慣れが必要です)。


いずれも高難易度のエネミー・ボスと戦うためには必須ともいえる技術です。慣れないうちは難易度ノーマルのロックベアやキャタドランなどで練習してみましょう。

敵を倒すための基礎

同じクラス、同じレベルのキャラクター、同じ攻撃であっても、以下に挙げるさまざまな理由により与えられるダメージが大きく変わります。
ダメージ量をより詳細に知りたい方はダメージ計算に計算機へのリンクがあるのでそれを参照に。
(クラススキルについては以下のクラススキルも参照)

  • ジャストアタックを行う
    • 詳細は上記のジャストアタックによる強攻撃を参照。
    • ジャストアタックを成功させるだけで攻撃の威力は1.3倍になります。
    • レベルが上がるにつれて恩恵が大きくなるため、これが出来ないと後々火力不足に悩まされることになります。早めにマスターしましょう。
      • 特にハンターやフォースにはジャストアタックの威力を引き上げるスキルがあるため恩恵はより大きくなります。
      • テクニックを使用する際も、素振りを行うように通常攻撃を1回出してからジャストアタックを成功させると、高威力のテクニックをすぐ使用できます。
  • PA・テクニックのチャージを行う
    • 一部のPAと殆どのテクニックは、ボタンを長押しすることでチャージできます。
    • チャージしてから発動することで威力や範囲などが大きく上昇します。非チャージ攻撃は出は早いものの、威力は低いです。
    • チャージが完了した時、音が鳴り、体を纏うエフェクトが強くなります。
  • 弱点を攻撃する
    • PSO2のエネミー(敵)たちの大半は弱点部位を持っています。
    • 例として、ダーカーには赤く発光する弱点部位「ダーカーコア」があります。また、エネミーの頭部など射撃で攻撃した場合のみ威力が上がる部位もあります(ヘッドショット)。
  • 弱点属性で攻撃する
    • 全てのエネミーは弱点となる属性を持っています。
    • 弱点属性と同じ属性を持った武器で攻撃した場合、その属性固有のエフェクトが発生しダメージが上昇します。
    • ダメージ計算式の仕様上、テクニックは他の攻撃より弱点属性による威力の上昇が大きくなります。
  • 特定の部位を攻撃する
    • エネミーの中には、ダメージを与え続けると破壊される部位を持っているものもいます。
    • 部位を破壊することで、エネミーの攻撃が弱まったり、その部位が弱点に変化したり、怯んで大きな隙を見せたりと、戦闘を有利に運ぶことができます。
  • 高レベルのPA・テクニックディスクを習得する
    • PA・テクニックはレベルによって威力が変動します。高レベルのディスクは高難易度のクエストでしか拾うことができません。
  • クラススキルを習得する
    • 特定の条件を満たす事でダメージが上昇するスキルが数多く存在します。
    • スキルの効果をのせながら戦う事を意識すれば、大きく火力を上げることが出来るでしょう。
  • サブクラスを設定する
    • サブクラスはレベルによっては数値以上に強力な効果を発揮します。特にサブクラスのスキルが使えるようになるので、この効果が非常に大きいです。
  • 武器を強化する
    • PSO2の全ての武器と防具には強化値・属性と呼ばれる数値が存在し、この値の上昇による攻撃力の上がり幅が大きいです。
    • 強化値を最大まで強化すると、武器の攻撃力が1.4~2倍(旧式武器)/1.35倍(新世武器)になります。
    • 属性値を0→50まで強化すると、ダメージ計算時に武器の攻撃力が約1.5倍になります。
    • 詳しくは下の「武器の強化」項目を参照。
  • テクニックカスタマイズPAカスタマイズを行う
    • メリットとデメリットがあり、消費PPが増える変わりに威力を上げたり、1ヒットあたりの威力を下げてヒット回数を増やしたり出来ます。
      • 純粋な強化になるものもありますが、元のPA/テクニックと使い勝手が変わる事も多いです。簡単にはリセットできないので注意を。
    • テクニックカスタマイズしてあるテクニックは、チャージ中に自身の周りに円が出てくるエフェクトが追加されます。

育成編

戦闘のコツが掴めてきたら、キャラを育てて様々なクエストに挑戦していきたいところ。
育成におけるポイントや注意点を記載します。

育成の注意点

  • スキルポイントの振り直しは有料です
    • スキルの振り方がキャラクターの強さや戦闘スタイルを大きく左右します。また、全てのスキルを習得することは不可能なため必要なものを取捨選択していく必要があります。
    • アップデートに伴う戦闘バランス調整があった際にスキルツリーの状態をリセットできるアイテムが配布されることがありますが、数はあまり多くありません。
      基本的に振りなおしは有料と思っておきましょう。
  • 初心者がやってしまいがちなスキル振りとしては以下の3つがあります。
    • 装備条件を満たすために打撃アップや射撃アップ等のスキルレベルを過剰に上げてしまう。
    • 手当たり次第にスキルを習得するなど、習得不要なスキルまで習得してしまう。
    • 個人のブログ等にある過去の情報を元にスキル振りをしてしまう。
  • これらを行ってしまうと将来的にリセットが必要になるので注意しましょう。

  • マグは一度レベルを上げてしまうと基本的にレベルダウンできません。また、マグのレベル初期化・新規マグ入手のいずれも有料です
    • 101レベル以上のマグのレベルを1下げるアイテムは無課金でも手に入りますが、コストが高く、基本的には「どうしてもやり直したい時のための最後の手段」となります。
    • マグの能力はキャラクターのステータスに直結し、武器や防具の装備可能条件にも影響する重要なものです。伸ばしたいパラメータをあらかじめ決めてからエサやりをしましょう(エサやりをしなければ先延ばし出来ます)。
    • 特殊な育成ルートでのみ覚えるマグのアクションもあります。詳しくはこちら

クラススキル

  • クラスレベルが一定のレベルになった時、専門のNPC(ハンター、ファイターならオーザなど)からSPが貰えるオーダーが発生します。
  • スキル振りの優先度
    スキルポイント(SP)の最大値はヒーロー以外は99ポイント、ヒーローは94ポイントです(2018年05月09日現在)。
    全てのクラススキルを習得する事はできないので、有力なスキルを優先して習得する必要があります。
    優先度スキルゲーム内表記備考
    ダメージ倍率上昇スキル威力○○%下の「おすすめのスキル」を参照
    ○○ギア使用する武器種のギアのみで良い
    ステータス上昇系スキル攻撃力+○○打撃・技量・HPアップなど
    キャラのレベルがあがるほど効果が薄くなるため
    他の有用なスキルの習得時に要求されている前提Lv分だけ習得すれば充分
  • 「~スタンス」系スキルについて
    サブパレットにセットして発動する種類のスキル。一度発動すればクエスト中は効果が継続します。いつでも解除・再発動できます。
    総じて強力なスキルですが、同じクラスの別のスタンススキルとは同時に使うことができません(別のクラスのスタンススキルとは同時に使用可能)。
  • 全スキルツリー初期化パスは、スキル変更を伴うアップデートの際に無償配布されることがあります。

 おすすめのスキル(左の[▼]をクリックして展開)

装備の強化

武器

PSO2の武器は様々な方法で強化を行えます。レア度が低い武器であってもしっかり強化してあれば中途半端な強化状態のレア武器よりも強くなる場合がほとんどです。
より強い武器への乗り換えタイミングが早い序盤を除き、なるべく強化を済ませた武器を用意するのが望ましいでしょう。


初歩的な内容については公式サイトの解説動画「ラッピーでもわかる! 上達ガイド」も参照。


  • アイテム強化(旧式武器:強化値+0~10 新世武器:強化値+0~35)
    最大(旧式+10、新世+35)まで強化すると武器攻撃力が約1.35~2倍になります。
    新世武器は旧式と比べると強化値の値が+35と高いですが、強化の難易度は新世武器のほうが圧倒的に簡単です。
    現在PSO2は、武器の世代交代が完了しつつある段階であり、これから始めるプレイヤーは新世武器を使うことがおすすめされています。
    ごく一部の旧式武器に限り、新世武器を上回る性能を持っていますが、入手難易度・強化難易度が高く、完成には時間を要します。
    旧式の★7以上では、追加アイテム無しだといつまでも強化が終わらないので、強化値+7~8あたりからは「強化リスク軽減(+1)」などを併用して強化を行うといいです。

  • 属性強化(★1~12:0~50 ★13~:0~60)
    武器の属性が相手の弱点属性とは異なる種類であっても、属性値に応じて与ダメージは上がります。
    大抵の敵は、武器の属性値を0→50にすればダメージが約1.5倍になります。
    (「弱点属性で攻撃した時」が発動条件のスキルなどを使用する場合を除き、属性一致の有無によるダメージの差はあまりない)。
    素材としてレア度とカテゴリの同じ武器が大量に必要になるため、通常の方法ではレア武器の属性強化が難しいです。
    同じ名前の武器を使用するとボーナス効果で属性値が多く上がるのでおすすめです。

  • 潜在能力
    武器ごとに決められた非常に強力な能力です。
    その多くは火力の増強ですが、中には「ダメージを与えると自分のHPを回復させる」といった物もあります。
    新世武器であれば、強化の途中段階で自動的に開放されていきます(最大でLv3まで)。
    旧式武器ではやや手間が掛かるので注意(該当ページを参照)。

  • テクニックと属性値の関係
    テクニックには武器の属性値が影響せず、威力も増減しません。しかし法撃職であっても属性値の影響を受けるスキルや武器が多く存在するため、やはり属性強化は必須と言えます。
    • フォース:必須級の強力なスキル「エレメントコンバージョン」を利用する際、武器の属性値がテクニックに影響するようになる。
    • テクター:ウォンドの通常攻撃と法撃爆発は属性値の影響を受ける。
    • バウンサー:ジェットブーツは法撃武器扱いだが、ジェットブーツのPA自体はテクニックではないため属性値の影響を受ける。
    • ヒーロー:タリスは法撃武器扱いだが、タリスのPA自体はテクニックではないため属性値の影響を受ける。

ユニット(防具)

  • アイテム強化(全ユニット共通:強化値+0~10)
    武器と同様、強化値が10になるまで強化できます。リア・アーム・レッグの3つそれぞれ別々に強化値が存在しており、
    強化を忘れているとボスや敵集団のちょっとした攻撃でも1発で戦闘不能になってしまいます。

マグ

  • キャラクターのステータスの底上げと、様々なトリガーアクションによる戦闘補助をしてくれます。
    マグのステータス補正は「キャラクター自身のステータス」として加算され、武器やユニットの装備可・不可に影響します。
    高レアリティの武器・防具の中には、マグの力を借りないと装備できないものも存在します。

  • 上げられるステータスは各種攻撃系ステータス・技量・各種防御系ステータスの計7つ。
    ただし、どう育成するかに関わらず、上げられる合計値が決まっています。(現在は200)
    火力と武器の装備条件への影響の大きさから攻撃系ステータスを中心に、必要に応じ技量を伸ばしていくのが育成の主流となっています。
    防御系ステータスは受けるダメージや装備条件への影響が小さく、これにポイントを割くくらいなら、攻撃系や技量を上げる方が有効とされています。
    また、マグは成長してしまうと元に戻すのは困難なため、失敗せずに育てる事を心掛けましょう(こちらも参照)。

  • 主なマグの育成方針
    以下の①と②、さらに特殊な育成方針として③があります。
    ①攻撃系ステータス(打撃・射撃・法撃)のいずれか1つのみ伸ばす(通称:特化マグ) おすすめ
    ②技量を20~50程度、残りは攻撃系ステータスのいずれか1つのみ伸ばす
    ③技量のみ伸ばす(通称:技量マグ)

  • ①と②については火力面の違いを体感できるかどうか微妙なラインなので、あまり神経質になる必要はありません。各々が必要と感じる分だけ技量に振ると吉。
 育成方針①・②・③の特徴と育て方(クリックして展開)

  • その他の育成方針について
 クリックして展開


  • マグの行動
    マグには色々な行動を覚えさせることができます。これらは特定のアイテムを消費することで、何度でも上書きすることができます。
    詳しくはマグ一覧フォトンブラストへ。
  • おすすめのトリガーアクション
    • HPが減った時一定確率で回復してくれる、支援/HP回復A、支援/回復B。
  • おすすめのフォトンブラスト
    • ケートス・プロイ
      PP回復速度上昇+HPを少量回復。周囲のキャラにも効果がある。ついでに溜まるのが少し早い。通称ケートス
      ケートス自体は他のPBと違いダメージを与えないが、皆で重いPAを連打できるので、実質的な攻撃能力は高い。
    • ユリウス・ニフタ
      広範囲の敵を吸引+スタン付与+法撃ダメージ。通称ニフタ
      吸引効果が強力で、一箇所にまとめた大量の敵に向かって、プレイヤーが直に攻撃を叩き込む事で効率的に敵を殲滅できる。
      ニフタ自体のダメージは法撃力依存だが、吸引効果目当てで使う分には、打撃職や射撃職でも活用出来る。
      性質上使いどころは限られ、吸引する位置やタイミングによっては邪魔にもなってしまうので、工夫と慣れは必要。

パーティー編

パーティー機能についての詳細はこちらを参照。

マルチパーティーエリアで共闘しよう

マルチパーティークエストではパーティーを組んでいなくても、マルチパーティーエリアで他のプレイヤーと一時的に共闘ができます。
初めのうちは知らない人と一緒に行動することに抵抗があるかもしれませんが、マルチエリアでは暗黙的にゆるい団体行動をしている人が多く、チャットでのコミュニケーションもあまり強要されません。
特に緊急クエストは参加するプレイヤーも非常に多いので、気軽に参加してみましょう。

共闘の際に知っておきたいこと

  • 先行しすぎない
    エネミーの出現数は近くにいるプレイヤーの人数によって増減します。
    よって先行しすぎたり巡回ルートからはぐれてしまうと、エネミー出現数が一人で探索しているときと同じぐらいになってしまいます。
    また、発生したEトライアルをこなすのに時間がかかる、遠くで発生したEトライアルに参加できず報酬が得られないなどの問題もあります。
    はぐれてしまったらマップを開き、他のプレイヤーの場所を確認してみましょう。
    周囲チャットで座標を呼びかけるのも手です(例:「現在<pos>を進行中。座標をお願いします!」)。
  • ボスが出現したら座標を報告する
    フィールドでは時々ボスエネミーが出現します。遭遇したら周囲チャットで知らせてみましょう。
    ショートカットワードにチャットコマンドが含まれるワードを設定しておくと便利です。

    例: 「/a <pos>に<t>が出ました!」

               ↓

       「C-2にダーク・ラグネが出ました!」

  • PSEバースト発生時は団体行動
    PSEバーストとは画面中央に大きく制限時間が表示され、時間切れになるまでプレイヤーの周囲に大量のエネミーが出現し続ける、いわば「ボーナスタイム」です。
    レアアイテムのドロップ率などに上昇補正がかかる上に、経験値も大量に稼ぐことが出来ます。
    詳しくはPSE参照。
  • 「まるぐる」と「周回・ボス直」の住み分け
    まるぐる目的のパーティーと、周回・ボス直目的のパーティーが同じマルチエリアに入ると、敵の位置がばらけてお互いに不利益となります。
    周回・ボス直目的でプレイするときは、パスワードをかけて他のパーティーとのマッチングを制限しましょう。
  • NPCについて
    マルチパーティーエリアには12人という人数上限があり、NPCもその人数に含まれます。
    人の居ないクエストならいくらでも呼んでいいですが、人が集まりやすいクエストでは、NPCをパーティーに入れないようにしましょう。
    入れるはずの人たちが入れなくなったり、敵の出現数が減り、トラブルの元になることもあります。
  • その他
    マルチプレイでわからない事や疑問等があったら、恥ずかしがらずにどんどん聞いてみましょう!
    初心者のうちならばわからない事があってもそれが普通ですし、上級者のプレイヤーがきっと答えてくれるでしょう。
    上級者から見ても、意欲のある初心者さんが居るのはうれしいことのはずです。
    高レベルなのに基本的な事がわからないアークスよりも、低レベルでもしっかり理解している人の方が頼れるアークスになれます。

高難易度帯で気をつけたいこと

高難易度のマルチプレイでは、以下のことに注意しておくと予期せぬトラブルを避けられます。

  • AW(オートワード)やカットイン、SA(シンボルアート)について
    チャット・オートワードのページの円滑で楽しいコミュニケーションのためにを読んでおきましょう。
    カットインやSAを頻繁に使用すると、自分や他のプレイヤーの視界を遮ってしまうため邪魔になる事が多いです。
  • ウィークバレットについて(略称WB)
    レンジャーのスキル習得で使用可能になる特殊なスキルで、打ち込んだ部位に与えるダメージが増加します(赤いマーカーが付きます)。
    効果倍率が高い反面、エネミー1対に対し1発分までしか効果が発揮されないなどクセの強いスキルであり、うまく扱えるかどうかがマルチエリアのパーティ全体の火力をも左右してしまいます。
    同じマップに自分以外にもレンジャーが居る場合は、特に注意して声を掛け合うなどしたほうが効果的です。
    詳細はウィークバレットのページを参照。
  • テクターで参加する上での注意点
    • テクターは支援に特化したクラスという事もあり、シフタとデバンドの効果を大きく上昇させるクラススキルがあります。
      そのため野良や固定関係なくこれらのクラススキルの習得を前提としたシフタ、デバンドが求められる事は避けられず、たとえレベリング目的であっても習得は必須と言えます。
    • どうしてもこれらのクラススキルを習得したくないのであればボーナスクエストやLv.70以下エネミーが出現するクエストのみで行いましょう。だからといって習得しなくてもいいという免罪符にはなりません。悪しからず。
  • 難度の高いクエストの参加前には相応の準備を
    緊急クエストの大半は団体行動が中心となりますが、中には「団体行動ではなく12人で強力なボスエネミー1体に挑むクエスト」や「そもそも団体行動を取らずに、役割を分担してバラけて行動する必要のある特殊なクエスト」が存在しています。
    これらは総じて攻略の難易度が高いので可能な限り準備を整え、Wiki内の攻略情報に目を通してから挑戦するか、慣れたフレンドと共に挑戦する事をおすすめします。
    一例を挙げると以下の通り。

ゲームに慣れてきたら

ラッピーでもわかる! 上達ガイド (公式サイト)
アークス「プレイマナー」講座 (公式サイト)


PSO2の世界にある程度慣れてきたプレイヤー向けの情報をご紹介。

レベリング

主な経験値稼ぎとレベル上げの方法は以下の2つです。

※「PSO2es」を利用したレベリングも有効です。

クライアントオーダー

NPCの出す様々な「依頼」を受注・報告して報酬の経験値を得る方法です。
難易度N~Hの間はコフィーのオーダーを中心にこなしていくだけで楽にレベルが上がります。
一度に複数のNPCのオーダーを同時に受注できるため、難易度VH以降の経験値稼ぎとしても非常に有効です。

  • 経験値稼ぎによく利用されるオーダー
    • コフィー
      1度しか達成できないかわりに、低レベルでも多くの経験値が得られる。序盤に真っ先にやればサクサクレベルが上がり、探索可能マップも増えて一石二鳥。
    • ファイナ
      デイリーオーダー。内容は毎日0時に更新されるが、一度受注してしまえば達成や報告はいつでもOK。報酬メセタ・経験値ともに優れたオーダーが多いため金策としても優秀。
    • ハンスラヴェール
      達成しやすい指定エネミーの討伐オーダー。一部オーダーは対象エリアの指定があるので注意。
    • フランカ
      指定アイテムの収集オーダー。自力で収集しても良いが、サポートパートナーに集めさせたり、マイショップで購入したりしても良い。
      難易度ハードから解放。
    • クレシダ
      指定クエストの達成を求めるオーダーが多い。クラス、クリアランク、時間制限などの指定があるので注意。
      また、フランカと同様の収集オーダーが10種類ほどあり、こちらの報酬経験値はかなり高めに設定されている。
      難易度ハードから解放。
    • ファーマ
      チームオーダー。内容は毎週水曜メンテナンス後に更新される。一度受注すれば水曜メンテをまたいでも消滅しない
      達成条件は比較的緩く、低レベルでも多くの経験値を得られるが、チーム加入者専用となっている。
    • シー
      期間限定NPC。受注も報告も期間限定(居ない事もある)が、低レベルでも多くの経験値が得られる。

各種クエストでのエネミー撃破

ひたすらエネミーを撃破する、古来より伝わるレベリング方法です。難易度VH以降はオーダーを受注しつつエネミーを撃破していくのが主流となります。
なるべく人数を揃えてから、経験値が上昇するアイテムやブースト効果などをフル活用して、経験値効率が良いクエストを狙うのがセオリー。


敵の質が良く人数も揃えやすい緊急クエストが最も経験値を稼ぎやすいです。
緊急がない場合「レベルアップクエスト」や「アドバンスクエスト」がおすすめ。
ただし自分のレベルより16レベル以上レベルの高いエネミーから得られる経験値は減少してしまう(こちらを参照)ので注意。なるべく自分に合ったクエストを選びましょう。

 獲得経験値を上昇させるアイテム・ボーナス効果など

おすすめクエストとボーナスクエスト

毎日0:00になると、デイリーオーダーの更新とともにおすすめクエストが設定されます。
おすすめクエストは受注直後にそのクエストで達成できる可能性のあるクライアントオーダーを選択できる画面が表示される他、
A評価以上でクリアすると、キャンプシップに戻った際にランダムでNPCからアイテムをプレゼントされます。
このプレゼントで稀に、ボーナスキーが入手できる場合があります。


ボーナスキーはボーナスクエストを開始するのに必要なアイテムで、
ボーナスクエストでは莫大な経験値が得られ、報酬として大量のレアアイテム・交換素材が入手できます。
出現するエネミーのLvはプレイヤーと同じになるもののHPが低く設定されており、間断無く攻撃を続けていれば初心者でも十分クリアが可能な難易度になっています。ただし、攻撃力はそのままなので囲まれないように注意しましょう。


日課として

  • おすすめクエスト3つ(4つ)をこなす
  • ボーナスキーが手に入ったらボーナスクエストをクリアする
    を繰り返すことで効率的にLvを上げ、交換素材を集めて強い武器と交換することで比較的速い段階で、最大レベルに到達しているプレイヤーに追い付く事ができるでしょう。

レベル50以上であればレベルアップクエスト開催期間中は「暗影渦巻く壊れた世界」(スーパーハード)が経験値効率が非常良くオススメです。獲得経験値+75%とデイリーブーストのトライブースト+50%だけでも1周で40万ほどになります。
主に周回されているのはスーパーハードで、それ以外の難易度は人が居ません。
また、エキスパートの有無やブロックによっても状況が変わりますので下調べしておくといいかもしれません。

PSO2esと連動する

スマートフォンアプリ「PSO2es」と連動すると、毎日ログインボーナスとして「経験値獲得15000」が2個、プレミアム加入中なら4個入手できます。
また、「PSO2es」をプレイして獲得した経験値をPSO2に持ち込むことができます。
その他にもゲーム内通貨の一つ、スタージェム(SG)の入手(2016/7/6~)や専用倉庫の追加など複数の特典があります。
詳しくはPSO2es公式および各種攻略サイト(PSO2eswiki)へ。

上級クラス「ヒーロー」の解放

通常クラスである打撃クラス(ハンター、ファイター、バウンサー)、射撃クラス(レンジャー、ガンナー、ブレイバー)、法撃クラス(フォース、テクター、サモナー)の打射法それぞれ一つ以上ずつレベル75にすることで獲得できる称号をNPCコフィーに提示すると上級クラス「ヒーロー」が解放されます。ヒーローは通常クラスを上回る汎用的な使いやすさを誇り、通常クラスでも特に戦闘に支障が出るということはありませんが解放及び育成をしておくとよいです。


ただし、上級クラスを名乗るだけあって通常クラスとは別に、それまでのものより厳しめのレベル上限解放条件が設定されています。詳しくはヒーローの個別ページをご覧ください。


ヒーローを目指すならば、ソード・ツインマシンガン・タリスの3つを通常クラス育成の間に、育成しているクラスで使わないとしても揃えておくとよいでしょう。

お金稼ぎ

PSO2ではエネミーがドロップするメセタの量は少なく、頑張って拾っても充分なメセタを稼ぐことはできません。
報酬が高額なクライアントオーダー・特定のクエストで稼ぐ、マイショップで物を売る(要課金)といった手段でメセタを稼ぐ必要があります。


しかしLvが低く参加出来る難易度が少ない内は金策そのものが少ないため、まずはLv上げを優先したほうが良いかもしれません。
目安としてはほとんどの金策が行えるLv50(難易度SH開放)か、最低限効率が良い物が揃うLv40(難易度VH開放)を目標にすると良いでしょう。

クライアントオーダーで稼ぐ

  • デイリーオーダー
    ゲートエリア1Fの西クエストカウンターで、NPC「ファイナ」から受けられます。こちらも報酬で多額のメセタがもらえます。
    毎日0時に内容が更新されるため、その日のうちにクリアできそうになくとも受注しておくことをオススメします。
    一度受注したオーダーは、クリア、或いは自分で破棄しない限り一覧からは消滅しません。
  • クロトのクライアントオーダー
    ゲートエリア2FのNPC「クロト」から受けられるクラアントオーダーで、多額のメセタが入手できます。
    基本タイムアタッククエストと、エクストリームクエストの2種類が対象です。
    難点は対象クエストの難易度がやや高いことで、安定してクリアできるようになるまでには時間がかかります。
    しかしPTも多く立っているので気軽に参加してみましょう。分からないところがあるならその旨を伝えておくと互いにフォローしやすくなります。
    コツさえつかめば短時間で相当量のメセタを稼げます。
  • ヤーキスのクライアントオーダー
    ギャザリングにて取得したアイテムを渡すクライアントオーダーで、多額のメセタが入手できます。
    デイリーオーダーにもほとんど同じクライアントオーダーが出現することがあります。

特定クエストで稼ぐ

  • エクストリームクエスト
    入場するには「エクストリームパス」が必要ですが、このクエストでは通常フィールドと比べると多額のメセタが落ちます。
    メセタブーストを使えば更に増やすことが可能です。マイショップに出品できるなら、いわゆる素材掘りとしても有効です。
    但し非常に難易度が高く、完走するとなると全てのフリークエスト(難易度SH)をソロでクリアできる位の力が最低限必要です。
    なお、短時間である程度まとまった経験値と対応する魔石の欠片をいくらか獲得できるので経験値稼ぎ、オフスティアシリーズに向けての魔石集めと並行してプレイするのもいいでしょう。

マイショップで物を売る

手持ちの武器やアイテムを出店する機能。いわゆる露店、バザー、フリーマーケットのようなもの。
プレイヤー間での売買なので、稼ぐには多少の知識かセンスが必須です。


ただし出店には専用アイテム「プレミアムセット」「マイショップ出店30日」「マイショップ出店3日」のいずれかが必要です。
「プレミアムセット」「マイショップ出店30日」はACショップで購入、「マイショップ出店3日」はFUNスクラッチから低確率で入手できます。


 人気の商品、また具体的に何が売れるのか?

おすすめ装備

攻略の指針も参照。

エキスパート対象のプレイヤーと組む(旧エキスパート専用ブロック)

下にも同じ記載があるのでそちらも参照
詳しくは公式サイトのオンラインマニュアル
(だったが詳しい条件の記載がなくなったためこちらでの確認推奨)


2017/07/26のアップデートで専用ブロックが廃止され、下記の条件でのブロック間マッチングが可能になった

条件

基本的に条件は特定の称号の入手である。
2018/04/11時点では、

  • 称号「幻獄の先駆者」または「狂想の孤軍奮闘」の獲得
  • 称号「類い稀なる新世の創造主」または、称号「サモナーペット育成の開拓者」の獲得
  • 称号「盤石なる防具の創造主」の獲得

となっている。これらは今後追加される可能性があるので注意。
各称号は、条件を満たしたうえでゲートエリアにいるNPC「ラケシス」に話しかけることで獲得できます。

詳細

  • 称号「幻獄の先駆者」は、エクストリームクエスト「極限訓練:地球と幻創」を5ステージまで踏破することで獲得できます。
    称号「狂想の孤軍奮闘」は、エクストリームクエスト「独極訓練:狂想と幻創」を5ステージまで踏破することで獲得できます。
    • 受注条件はどちらもメインクラスLv80なので、満たしていない場合はLv80を目指そう。クエスト攻略についてはリンク先を参照。

  • 称号「類い稀なる新世の創造主」はレアリティ★13以上の新世武器を「+34以下」→「+35」に強化することで獲得できます。
    • おすすめはウェポンズバッヂ2018で交換できるレイシリーズ。
      また、カガセオ交換やトレイン・ギドランから手に入る旧式★13武器を持っている場合は、強化大和実装により手に入るようになったエーテルフューズと旧式★13武器をジグに交換することでなんと一気に+35まで上限が解放されている新世★13武器と交換が出来る。
      (ただし東京武器+35解放済みを作るのは少し特殊で、例:旧式潜在Lv2 強化値+3で交換→新世+23武器 旧式潜在Lv3 強化値+4で交換→新世+34 が出来上がる)
      マイショップや交換で+35の物を直接入手しても称号の条件を満たすことは出来ないので注意。
       そもそも上にも出てた新世武器とは何?

  • 称号「サモナーペット育成の開拓者」はレアリティ★13以上のペットのレベルを「Lv120」まで上げることで獲得できます。
    • Suで始めたアークスには分かるかと思うが、ペットのレベルを120にすることである。Lv100までは比較的簡単に上がるがLv100~Lv120はなかなか上がらないため、コツコツとエッグを食べさせる必要がある。
      esと連動している場合esからエッグだけではなくチップというものも与えれるため、効率よく上げれる。
      ボーナスクエストで手に入る★12EXPエッグやesで貰える★13EXPエッグも活用するとさらに効率が上がる。

  • 称号「盤石なる防具の創造主」は、リア・アーム・レッグ全てのスロットに「+10」まで強化したレアリティ★12のユニットを装備(した状態で称号カウンターにアクセス)することで獲得できます。
    なお、称号の獲得条件は「全てのスロットに+10の★12ユニットを装備すること」。よって、サブユニットによる代用も可能。
    レアリティ12ユニットはレアリティが高いというのあって、そもそも入手すること自体が難しい。
    理想はクエストでドロップした★12ユニットを+10にすることだがここでは確実に入手できる方法を下に記述する。
    • ★12サブ:称号「新たなる境地へ」を入手することで「ステラウォール」が3つ入手できる。
      条件はいずれかのクラスでLv75に到達すること。
    • ★12リア:期間限定緊急クエストに参加するなどで入手できるウェポンズバッジ2018、これを300個集めることでバッヂ交換ショップにて「サーキュレイ」が交換できる。
    • ★12アーム:期間限定緊急クエストに参加するなどで入手できるウェポンズバッジ2018、これを300個集めることでバッヂ交換ショップにて「サーカレイ」が交換できる。
    • ★12レッグ:期間限定緊急クエストに参加するなどで入手できるウェポンズバッジ2018、これを300個集めることでバッヂ交換ショップにて「サークレイ」が交換できる。

エキスパート条件達成後について

エキスパート条件を満たすと以下の変化が起こります。

  • 「エキスパート対象者のみとマッチングする」にチェックを入れると、エキスパート条件を満たしていないプレイヤーが1人以上いるパーティーおよびマルチパーティーへのマッチング、参加が不可能になる。
    • 参加できないパーティーとなるため、パーティー一覧ではエキスパート条件を満たしていないパーティーは全て文字がグレーアウトする。
  • 「エキスパート対象者のみとマッチングする」にチェックをしていなくても、エキスパート対象者が多いマルチパーティーへ優先的にマッチングされるようになる。
  • エキスパートの条件を満たしていないプレイヤーと事前にパーティーを結成すると、一時的にエキスパート設定をオフにしてクエストを受注するようになる。

攻略の指針

おすすめ装備も参照。


一番最初は何をしたらいいのか戸惑うかもしれない。
新規アカウントでゲームを開始するとEP4のストーリーが始まる。
チュートリアルが終わったら、アークスロードを進めながら、最初はおすすめクエストの解放を行うといい。
途中で練習クエストをプレイしておくと、早くゲームに慣れることができるだろう。


おすすめクエストの解放が終わったら、「エリアの解放」「ストーリーの進行」を進めていこう。
どちらから行ってもかまわない。もちろん同時でもいい。
「エリアの解放」はコフィーのオーダーで行う。プレイできるクエストやクライアントオーダーが増加する。
「ストーリーの進行」はストーリーボード(EP4)・イベントクエスト(EP5/EP1~3)で行う。報酬として武器・ユニットが入手できて、NPCパートナーが増加する。

難易度別攻略

プレイできる難易度の解放にはコフィーのオーダーをクリアする必要がある。

ノーマル(N)

アークスクエストの「トレイン・ギドラン討伐(惑星・地球)」、フリーフィールドの「火山洞窟探索(森林の次)」をクリアできればおおむね良いでしょう。
もし一人でクリアできれば充分です(パーティメンバーが自分のみ。サポートパートナー無し)。
これらがクリアできる頃には、難易度ハードを選択できるようになるはずです。

ハード(H)

フリーフィールドの「凍土探索」、「浮遊大陸探索」をクリアできればおおむね良いでしょう。
ノーマル同様、一人でクリアできるのならかなり上手と言えます。
全てのフリーフィールドをクリアできる頃には、難易度ベリーハードを選択できるようになるはずです。
また、条件を満たせばサブクラスが使えるようになります。

ベリーハード(VH)

アドバンスクエスト」を受注できるようになります。
フリーフィールドよりも難易度が高いので、先にフリーフィールドを一通りクリアすると良いでしょう。
この辺りから、急にレベルが上がりづらくなります(必要経験値が一気に増える)。
アドバンスクエストでは経験値を大量に手に入れることができるので、以後のレベル上げは基本的にアドバンスクエストで行うと良いでしょう。


また、NPC「クロト」のクライアントオーダーでは、「タイムアタッククエスト」をクリアすることで大量のメセタを獲得できます。
以後のメセタ稼ぎは基本的にタイムアタッククエストをクリアし、クロトから稼ぐと良いでしょう。


敵が強く(自分が弱く)感じたら、装備品の新調、強化を行いましょう。強化費用のメセタはクロトから稼ぎます。
装備品を強化することで、タイムアタッククエストのクリアが楽になり、クロトからメセタを稼ぎやすくなります。

スーパーハード(SH)

この難易度から、敵の動きが急にアグレッシブになります。
全てのフリーフィールドで自分の腕を磨くと良いでしょう。
敵の動きだけでなく、能力もさらに上昇しているので、装備品も新調していきましょう。


また、「エクストリームクエスト」を受注できるようになります。

エクストラハード(XH)

敵の能力値が急上昇し、雑魚1体を倒すだけでも時間がかかるようになります。
反面、経験値はスーパーハードと大差ないので、レベル上げよりも、自身の腕磨きが主となります。
レベルを上げたい場合はスーパーハードかベリーハードを受注したほうが早く上がります。
レベル、装備品が整わない段階でこのエクストラハードを受注すると、他のプレイヤーにとってはクエスト進行妨害の迷惑行為となります。


アルティメットクエスト」が受注できるようになります(厳密には難易度エクストラハードとは別物)。
基本的には複数人用のクエストですが、もし一人で繰り返しクリアできれば、相当な力を秘めていると言っても良いでしょう。


現在配信中のコレクトファイルのほとんどは、難易度エクストラハードの「緊急クエスト」をクリアすることで進行できます。
レベルと装備品の準備ができたら、挑戦してみると良いでしょう。


この難易度ではコレクトファイルやドロップで、レアリティ13の武器やペットエッグを獲得できます。
また、レアリティ12のユニットも獲得できます。
レアリティ12のユニットはスキルリング(Lリング)を合成できるので、Lリングの効果を最大4種類まで同時に使えるようになります。
セット効果はほぼ無いので、好きな組み合わせでステータスを強化することができます。


また、エクストリームクエストの「独極訓練」を受注できるようになります。
こちらは腕試しとなっていて、報酬はほとんどありません。
鍛え上げた装備とクラススキル、そして自身の腕で、挑戦してみましょう。

集めておくと良いアイテム

武器

  • レアリティ10~11の武器
     エクスキューブ、フォトンスフィアにリサイクルできる。
  • レアリティ12の武器
     ラムダグラインダーにリサイクルできる。
  • レアリティ13~の武器
     主戦力となる。
  • 特殊能力「エンペ・エンブレイス」を持つ武器
     アイテム強化時の武器経験値が高い。
  • 有用な特殊能力を持つ武器
     詳細は特殊能力一覧(比較表)を参照。
  • その他の武器はアイテム強化に使用するか、売却してメセタにする

ユニット

  • レアリティ10~11のユニット
     フォトンスフィアにリサイクルできる。レアリティ12のユニットが手に入るまでは主戦力となる。
  • レアリティ12のユニット
     主戦力となる。
  • 有用な特殊能力を持つユニット
     詳細は特殊能力一覧(比較表)を参照。
  • その他のユニットは売却してメセタにするか、アイテム分解する

PA・テクニックディスク

  • レベル11以上のPA・テクニックディスク
     打撃、射撃、法撃のフラグメントにアイテム分解できる。

消費アイテム

  • レアドロップ倍率+250%
     エクスキューブ6個で交換入手。コレクトファイルやドロップを狙う場合に使用する。
  • 獲得経験値+75%
     フォトンスフィア1個で交換入手。
  • トライブースト
     ストーリーボード、称号報酬で入手。
  • レアリティ10~11のペットエッグ
     ラムダグラインダーにリサイクルできる。

素材アイテム等

  • アドバンスカプセル
     アドバンスクエスト受注に必要。
  • エクストリームパス
     エクストリームクエスト受注に必要。
  • カジノコインパス
     カジノで遊ぶ場合に必要。
  • クラフト素材(リアス、アムス、レグス)
     ユニットのアイテム分解で入手。時限能力インストールに必要。
  • PAフラグメント
     スキルディスクのアイテム分解で入手。PA、テクニックカスタマイズに必要。
  • 幻創石カガセオ、極原晶ガレル、極機晶ユルルングル、幻精石アーレス
     主にペット用キャンディーの交換に必要。

ギャザリング

  • 宝石、鉱石
     スキルリングの作成に必要。
  • レアリティ7~の収集アイテム
     デイリーオーダーとNPCヤーキスのオーダーでメセタに換金できる。

その他のアイテム

  • グラインダー、ラムダグラインダー
     アイテム強化、キャンディー圧縮に必要。
  • シンセサイザー
     主にパンケーキの交換に必要。
  • フォトンドロップ
     潜在能力の解放、時限能力インストール、PAテクニックカスタマイズに必要。
  • フォトンスフィア
     潜在能力の解放や、獲得経験値+75%、フードデバイス、複合属性テクニック等の交換に必要。
  • ハーフドール
     ログインボーナスやキャンペーンで入手。一部の高難度コンテンツに挑む場合にまとまった数があると心強い。
  • エクスキューブ
     グラインダー、シンセサイザー、マイルーム利用3日、FUN1000獲得チケット、レアドロップ倍率+250%、キャラメルクラッシャー、マグ用デバイス、強化成功率+30%能力追加成功率+30%能力追加成功率+40%、エクストリームパス、ラムダグラインダー、マグレベルダウンデバイス、レベル17PA・テクニックディスク、PA/テクニックカスタマイズリセット等の交換に必要。
  • クラスエクスキューブ
     スキルポイント獲得オーダー(レベル80解放)や、エクスキューブ、強化値上限+1の交換に必要。
  • ウェポンズバッヂ、記念バッヂ
     期間限定アイテムや、レアリティ13武器、レアリティ12ユニット、ペット用キャンディーの交換に必要。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 現状の仕様見てると「基本クラスでも特に戦闘に支障が出るということはありませんが解放及び育成をしておくとよいです。」には違和感を感じる、FoやRa、Suの熟練者でさえ悲鳴あげてるのに、初心者にとって支障がないと言えるような状況かね? プレイスタイルの強制が良くないのは十分理解できるが、そのために実態を歪めて書くのは、それはそれで情報を蓄積するwikiとして間違っちゃいないか? -- 2018-01-21 (日) 15:15:29
    • wikiとしては運営が主張する事しか基本的に書いてはいけない。個人が勝手な事を書く事を認めてしまうと、それこそ「プレイスタイルの強制」だらけの記事にすぐなってしまうからだ。現状記事作成者のモラルが最低である以上、書いて良い内容を厳しく規制しなけばならないという事は理解いただきたい。 -- 2018-01-21 (日) 15:20:25
      • いや、気になるのはプライオリティの問題なんだよ。現状、「PSO2の運営も認めるレベルで仕様としてHrが優遇されているし、一部クラスは弱体化して、他のクラスの後ろからついていくだけと化している」という事実と、「間違ったデータや情報は掲載されるべきでない」という方針が、矛盾・衝突を引き起こしているのが問題だから。どちらも立てるべきなら「既存クラスでは支障がない」というくだりを丸ごと削除して、既存クラスと特殊クラスの実態レベルの比較は記載しない、にしないと筋が通らないのではないか。 -- 2018-01-21 (日) 16:04:43
      • 「プレイスタイルを強要しない」という理念は正しいとおもうが、では例えば、コモン武器だけを使いたいというロールプレイ的なプレイスタイルの存在を理由に「XHでコモン装備でも戦闘に支障はない」と書いたら、それはwikiとして正しいのか。或いは「XHにコモン装備では戦力不足になる」と書くプレイスタイルの否定は許されるのか。コモン装備の話は意図的に極端な例を選んだが、じゃあ「通常クラスと特殊クラスの話」のようなセンシィティブな話題との境目をどうするか。それが明確でないから書き方に対する是非の問題になるのでは。 -- 2018-01-21 (日) 16:15:01
      • 単純に「基本クラスには現在調整による性能・得手不得手の差異・変動等がある」「頑張った分比較的強めのクラスが解放される」、「それだけの努力をする意味のある扱いやすいクラス」って事実だけ書いておけばいいだろ。なに下らんこと顔真っ赤にして自分のHr認めないマン押し付けようとしてんの。そもそも初心者が知ったこっちゃないわテメーらの既存うんたんHrうんたんの愚痴なんぞ。第一そんな性能が気になるようなとこ行く時点でもう初心者って言ってらんねーから -- 2018-01-21 (日) 18:37:54
  • ノクスNTまでの繋ぎ武器はNPC店で売ってる旧式の☆1武器を属性50にして+10にして武装エクステンドしたのがコスパ良好だゾ -- 2018-03-08 (木) 18:34:45
    • ノクスNTを+30にして装備したのならウェポンズバッヂ2018を400個集めてレイ武器に交換するといいゾ -- 2018-03-08 (木) 18:39:24
      • ついでにレイユニットも揃えとくのを忘れちゃだめだゾ -- 2018-03-08 (木) 18:44:35
    • あっそうだOP付けの仕様を初心者の頃に習得しとかないと後々で超苦労するから調べとくといいゾ -- 2018-03-08 (木) 18:51:58
  • 「幻獄の先駆者」「類い稀なる新世の創造主」「サモナーペット育成の開拓者」「盤石なる防具の創造主」を取得していますがエキスパートチェックありで部屋が建てられません、何か不具合等報告されてますでしょうか? -- 2018-04-12 (木) 11:26:21
    • うわ、質問掲示板だと思って書きこんでしまいました…すみません -- 2018-04-12 (木) 11:27:46
    • 「クエストカウンター」にある「マッチング設定」のチェックをするとクエスト開始と共にそのクエストと部屋がエキスパート部屋となります。他に不明な点等どうぞ -- 2018-08-24 (金) 14:45:05
  • 今後はプレイヤーIDがひとつき間隔で何度でも変更できるよ!誤字やスペルミス、IDと名前が同じな二段名前を後悔してる人の救済が更に手軽になるよ、やったねタエちゃん! -- 2018-04-29 (日) 21:55:02
  • クラフトで☆10、11武器の存在意義が揺らいでたけどノクスwがマイショップで買えるようになってとどめ刺したね -- 2018-05-01 (火) 09:37:32
    • 今2018年だけどいつの話だよ… -- 2018-07-03 (火) 22:04:00
    • Boのクラフトマスタリーって息してるのかな? -- 2018-08-30 (木) 07:54:52
    • ★1旧式武器をクラフトして使う方が特殊能力追加の練習とかにもなって良いんじゃないかな。 -- 2018-10-14 (日) 06:48:18
  • ダークブラスト項目が初心者向けに簡単なフォーム習得方法とかが書かれてないけどこれからも書かれないのかな?初心者さんからしたらダークブラストはあるだけでも結構違ってくると思う -- 2018-08-24 (金) 14:41:36
  • エキスパート条件の書き方が紛らわしくてあれのうちどれを取ればいいのか伝わってこないんだけど、公式サイトならちゃんとどこかに書いてあったりするのかな -- 2018-08-29 (水) 21:03:57
    • 武器と防具の称号については両方取って、クエスト達成の称号については片方でも取ればおkですね。つまりはエキスパ条件の称号は合わせて最低3つ取ればおk -- 2018-08-30 (木) 08:01:58
      • 丁寧にありがとう。その「3カテゴリ全てにおいてそれぞれ一つは称号を獲得しなければならない」所が解らなかったんだ -- 2018-08-30 (木) 17:30:15
  • SGによるスキルツリー振り替えパスが選択したクラススキルツリーを別のクラススキルツリーに置き換えるって仕様だから間違えて「このクラスのスキルツリーに対応させよう」ってしたらハンターのスキルツリーが減ってファイターのスキルツリーになるって感じから注意です(経験者談 -- 2018-08-30 (木) 06:56:40
  • もんのすごい初歩的なあれかもしれんが一応言っといたほうがいいのだろうか。何のクラスやるにせよまずはPAディスクでフォトンアーツを覚えんと何にも始まらない。Lv1でいいからとにかく覚えること。ギルティブレイクのないソードでLv35まで来ちゃった人もここにいるぞ。フォトンドロップ交換とか最初はわかんないからな。 -- 2018-09-19 (水) 22:16:12
    • 35Lvになるまで一度もスキルディスクを拾わなかったのは逆にすごい -- 2018-09-20 (木) 00:31:09
      • 特定エネミー限定と雑魚から落とすディスクでもある程度テーブル決まってるから周るフィールドによっては割とある -- 2018-09-20 (木) 05:25:00
  • レベリングの項目だけど、PSO2es連動についてでSG入手を記載しました。実は現役でもPSO2es興味なくて知らない人もいるのかもしれない。 -- 2018-10-27 (土) 08:11:33

質問は質問掲示板